問庵にて初釜を開かせて頂きました。

ツリーハウス、土壁の家、のこぎり屋根、郷中の家、風のつどい、獅子舞、篠笛、風土記づくり、建物探訪・・・やりたいこといっぱい
問庵にて初釜を開かせて頂きました。

問庵にて初釜を開かせて頂きました。

2019年10月14日
テーマ
一宮市 寳楽・問庵

昨日は、一宮、老舗日本料理店「寳楽」にて
「公器の庭」展示作品として制作させて頂いた問庵にて初釜を開かせて頂きました。

まずは、私が拙い亭主を務めました。
そのあと織部亭の大島さんに亭主を務めて頂き、即興の書会の趣向も加えて頂き、
暗くなってからは蝋燭の灯りの下、幽玄な世界を作って頂きました。
お忙しい中、ありがとうございました。

ここまで出来ましたのも、主催者の松本さんはじめ
皆さんのご理解とご協力の賜物です。感謝いたします。

また、初窯にお越しいただきました方には
ゆっくりと楽しんで頂けたようで何より嬉しく思っています。
公式には開催期間中の茶会は予定しておりませんが、
要望をお伝えいただきまして都合がつくようでしたら
私個人として対応したいと思っています。

また、草庵奥のカウンタースペースでは、
ここで使った一宮にゆかりある材料も展示させて頂いています。
会期は10月27日まで。是非お越し下さい。

それから、
これまで見て頂いた何人もの方から、この後どうなるのとの質問を頂きました。
松本さんとの相談次第ですが、「公器の庭」、
食と文化発信の場として活用されたらと願っています。




















ブログ一覧へ戻る
同じテーマの記事