5月以来の風のつどい

ツリーハウス、土壁の家、のこぎり屋根、郷中の家、風のつどい、獅子舞、篠笛、風土記づくり、建物探訪・・・やりたいこといっぱい
5月以来の風のつどい

5月以来の風のつどい

2019年09月16日
テーマ
一宮市 風のつどい

昨日は、5月以来の風のつどい。
とても穏やかな、爽やかで気持ちの良い夜でした。
月も一点の曇りもなく、美しく輝いていました。

今回、お招きしたのは、
一宮市起にお住いの田内さん。
機織りの工場などを整理して、残した書院座敷をご自身で土日のカフェ、
多様な空間をレンタルスペースとして活用をされています。
画像参照

もう1人は、一宮市小信中島のピアニスト、犬飼さん。
コンサート活動や子ども達の合唱伴奏などの演奏活動をされている
二十代半ばの爽やかのびのび青年。
まだ、聞いたことがないけど、ピアノの即興演奏を得意とされる方です。
早く聞いてみたい。

本日のしつらえと料理と飲み物
大振りの枝に咲く萩の花と、瑞々しい緑が美しい里芋の大きな葉を水鉢に投げ入れ。
幸水のしぼりたてジュースにマスカット、レモンバームの香り付け
シャンパンで、盛り上がり
マグロとアオリイカの刺身、醤油ではなく自家製味噌で
黒毛和牛のローストビーフ用のランプの肉塊、550gを
刺身包丁でお好みの厚さに目の前で切って焼く。
たまらん無茶旨い。

と、キノコと里芋の鉄板焼き。
昆布出汁のなめこ野菜鍋で、月に見立てた丸い形の湯葉どうふを浮かべる
大和芋のとろろご飯で締め
5時半から11時まで、ゆるやか?な良い夜。
色んな話をゆっくりしました。












ブログ一覧へ戻る
同じテーマの記事